読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼雪庵

いまだに推敲中

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・135

 勾配を下るにつれて熱気はひどくなってきた。入り口付近にもうもうと立ちこめていた湯気は程なくして消え、皮膚が剥けそうな熱波に変わる。真っ暗な隧道(ずいどう)の先に、鮮やかな橙色の光が照り返している。
「これは……」
「溶岩、だね」
 降りた先は、灼熱の川が流れる広大な空間だった。凄まじい熱気を少しでも防ごうと、ロランは片腕を顔の前にかざす。ぐらぐらと煮え立つ流れを見て、迷わずランドが答えた。
「地面の下に流れているもので、鉱物や岩が溶けている状態だよ。火山が活動すると、これが地下から噴き出してきて危ないんだ」
 初めて見たよ、とランドは顔を熱気に火照らせてうれしそうだった。
「それより、どうやって先に進めばいいのかしら。足場はここしかないわ」
 ルナは涼しい顔であたりを見た。よく見れば、ルナのまとう水の羽衣が周囲に淡い水煙を発生させていた。熱を防ぐ効果は、着ている本人しか恩恵はないようだ。
「こういう時こそトラマナだよ」
 ランドは右の人差し指を唇に当て、呪文を唱えた。ランドの体から生じた地形を無効化する淡い光がロランとルナを包む。
「すごい。熱くなくなった」
 ほっとロランは息をついた。だが、泡立ち流れる溶岩を見ていると、すぐに足を踏み入れる勇気が出ない。
「ロランも怖いって思うこと、あるんだね」
 ランドが顔をのぞき込んできて、ロランは苦笑した。
「あるよ。しょっちゅうさ」
「大丈夫だよ。結界だって普通に入れただろ?」
 ランドは微笑み、先に足場から溶岩へ踏みこもうとした。その肩を押さえて止め、ロランは前に出る。
「僕が先に行く」
 まだ緊張した顔のロランに、ランドは小さくうなずいて後ろについた。ロランは深く息を吸いこみ、一歩踏みこむ。足はしっかりと地を踏む感触を伝えてきた。熱さも感じない。
「ね?」
 溶岩の上に立ったロランを見て、ランドはにっこり笑った。ルナが苦笑する。
「あなただって、溶岩の上を歩くのは初めてでしょう?」
「呪文の効果を信じることは、自分を信じることと同じさ」
 ランドはロランに続いて溶岩の上に降り立った。ルナも続きながら、ロランが一瞬ためらった理由を察する。
 呪文の効果は、術者本人が体感として持っているものだ。ランドの言葉は、そういう意味である。
 しかし魔法が使えないロランは、その感覚を生まれつき知らない。彼が踏み出せたのは、呪文の効果ではなく、ランドを信じたからだった。
 溶岩を渡って、ロランは左手に進んだ。右手にも進めそうな通路があったが、こちらの方が奥に広がりがあったからだ。邪教の徒が潜むなら、入り口に近いところは選ばないだろう。溶岩も、左の区域は流れていない。
 洞内は天井が高く、火山活動によるものではない小部屋がたくさん作られていた。魔物や神官達が、地下の神殿として体裁を整えたのだろう。
 ごつごつした黒い岩盤を踏みしめ、3人は先へ進んだ。あちこちに溜まっている溶岩の照り返しのおかげで、灯りを用意しなくていいのは助かった。だが、明らみはこちらへ寄ってくる魔物の姿も克明に映しだした。
「あれはっ――」
 天井を這ってくる大きな眼球の魔物に、ランドが体を強張らせた。ルナも息をのむ。
「そんなに手強い魔物なのか?」
 ロランがロトの剣を抜いて振り返ると、二人はそろってうなずいた。いかずちの杖を構え、ルナが言う。
「悪魔の目玉よ。魔力を吸い取る、魔法使いの敵なの!」
 赤黒い粘膜に血走った眼球を覆い、黄色い無数の触手を垂らした悪魔の目玉は、大群でこちらへ迫ってきた。見た目のおぞましさに、さしものロランも目をすがめる。
「来たっ!」
 ランドは背から光の剣を抜き、高くかざした。まばゆい光があたりをくらませ、何体かがたじろぐ。だが、先行したものの影にいた数体が、触手を妖しくくねらせた。ルナの体から金色の光が抜けて、触手を踊らせた1体に吸いこまれる。小さく悲鳴を上げ、ルナは立ちくらみを起こしてよろめいた。
「今のが?!」
 首を絞めようと伸ばしてきた触手を素早く斬りつけ、ロランはルナを振り向く。ルナはうなずきながら、いかずちの杖を振るった。
「ええ、不思議な踊りって呼ばれてる。早く全滅させないと、魔力がなくなっちゃうわ!」
 言ったそばから、今度はランドが魔力を奪われてよろめく。
「くっ!」
 ロランは天井を見上げた。位置が高く、剣が届くのは垂れ下がる触手だけだ。
「なんとか落とせないか?!」
「やってみる!」
 ランドがベギラマを唱えた。閃光がまたたき、炎の幕が天井の魔物を一斉に包む。さすがに効いたのか、張り付く何匹かが肉の焦げる嫌な匂いをさせて落下した。すかさずロランがロトの剣で斬りつけ、とどめを刺す。
「援軍だわ!」
 後方を見て、ルナが叫んだ。どうやって岩盤を突き抜けているのか、血の泥でできた手だけの魔物・ブラッドハンドが複数、指をうごめかせてにじり寄ってくる。殺気を嗅ぎつけたのか、紫色の霧がどこからともなく結集し、にたりと笑った。ガストだ。
「全滅させてたらきりがないよ!」
 はやぶさの剣で、迫る触手を切り払いながらランドが叫んだ。やむを得ないと、ロランは決断する。
「逃げよう!」
 ロラン達は走った。どれも足の遅い魔物だったことが幸いし、からくも振り切る。逃げた先に下る勾配があったので、そこへ走り込んだ。
「二人とも、大丈夫か?」
 息を整えながら、ロランは訊いた。なんとか、とランド。
「あまり吸い取られてはいないけど……この先もああいうのが出るんなら、覚悟を決めた方がいいかもね」
「一度出直す覚悟、か」
「うん」
 ルナはいかずちの杖を見つめた。
「この杖のおかげで、だいぶ魔力を温存できるけど……全部尽きてしまったら、ここから出るのは楽じゃないわね」
「そうか、リレミトが使えなくなるから……」
 事態の深刻さにロランも眉をくもらせる。なんとかなるよ、とランドは努めて明るく言った。
「そうなる前に、邪神の像を取ればいいのさ」