蒼雪庵

いまだに推敲中

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・2

「けど、こんなご時世だからこそ、今のうちにかわいい家族に会っておきたいと思ったんだよ。ほら、なんだっけ……ハーゴン教? 教会は邪教つって、ひどく非難してるねえ。
 そんな怪しい宗教団体が、魔物を使ってあっちこっち町や村を襲い始めてるっていうじゃないか。ローレシアの王様は、そりゃあ立派な方だが、腕に抱える全ての民は救いきれんだろう。こうして、焼き討ちに遭っちまった町もあるし」
 少年はうつむいて焚き火を見つめている。ひどく悲しげな様子に、商人は申し訳ないと頭の後ろに手をやった。
「ああ、すまんね……余計なこと言っちまったかな?」
「……いえ。それより、邪教について何かほかにご存じありませんか? その……どこに彼らの教会があるのか、とか」
「なんだい、あんた、敵を討とうってのかい? この町に知り合いでもいたんかね」
「いえ、そういうことではありませんが」
 少年は少し慌てて取りつくろった。
「ただ、彼らがどこから来てどこへ行くのか……気になって。それに、邪教を信仰する市井の人々も多いそうですし」
「市井って、まるで王様みたいな話し方だね。まあいいや。……そうさねえ、わしの知り合いにも邪教とやらを熱心に信じてた奴がいたよ。コウモリみたいな真っ黒い鳥のお守りを首から下げて、しきりに商売繁盛を祈ってた。わしはどうもうさん臭いと思って、奴から入信を勧められても断ってたよ」
「それで……その方はどうなりましたか?」
「……消えたよ」
 商人は飲もうとしていたお茶のカップから口を放し、苦笑した。冗談みたいに笑わないと言葉に出せなかった。
「奴は邪教を信じてから、どんどん商売がうまくいった。それを見てうらやましがった連中が、自分もあやかりたいと入信し始めてね。わしは、嫌な感じがするからやめておけと言ったんだが……。そんな矢先、奴とその家族、使用人もろとも屋敷から消え去ったのさ。ある日突然、煙のようにね」
「……!」
 少年がこちらを凝視する。商人は眉根を寄せた。
「あいつらが消えた夜、何か黒い影がいくつも屋敷に来ていたって、見た人が言うんだが。殺された様子もないし、じゃあ誘拐だろうって話だが。どうやって、市街地から何十人も人間を連れ去ったのか見当もつかない。調査に来たローレシアの兵士さん達も困り果ててたよ」
「……」
「商人仲間の噂じゃあ、サマルトリアも治安が悪くなってるらしいね。あそこはのんびりした気質の人間が多いっていうのに。なんだか、世界全体が悪くなってくような……そんな気がするよ」
 顔を向けると、少年は再び黙りこくってしまった。純真な子どもには、少々きつ過ぎた話題だったかもしれない。優しい気持ちになり、商人はそっと声をかけた。
「そろそろ、休もうか。昼間あんなに戦って、疲れただろう。火はわしが見ているから、しばらくおやすみ」
 商人の好意に甘え、少年は彼に背を向けて毛布をかぶり、鞘にはめた銅の剣を枕にして横になった。
 しかし、目は冴えて眠れなかった。彼より先に、商人が座ったまま舟を漕ぎ始めると、彼を起こさぬように自分の毛布を彼の肩にかけた。
 銅の剣を傍に寄せ、膝を抱えて座る。火が絶えないよう、時々薪をくべながら、物思いに沈んだ。
 胸には重苦しい不安が渦巻いていた。まだ首都ローレシアを出たばかりなのに、世界はあまりに広く感じる。自分はちっぽけなのだと痛く思わずにはいられない。
(とにかく今は、ランドに会うことを考えないと……)
 揺れる炎を見つめていると、自分が旅立つきっかけとなった、昨日のことがあふれるように思い出されてきた。