蒼雪庵

いまだに推敲中

2016-05-16から1日間の記事一覧

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・182

「よくぞ来た、ルナよ。わしはそなたらをずっと待っておった」 祠の中央は聖堂となっている。祭壇の前に、初老のたくましい男が立っていた。金と緑、赤を組み合わせた神官の服を着ている。「ロランとランドに会わせてください。一緒に連れて来たんでしょう?…

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・181

温かいスープの香りがした。ルナはぼんやりと天井を見上げる。 ふかふかのベッドに寝ていた。白い石でできた天井には、色とりどりの花の絵が描かれている。(私……あの時……)「お目覚めになりましたか」 ふわりと風がなでるような、清楚な声がした。びくりと…

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・180

【窮地と叫び】 ロランは、白骨でできた剣を振り上げ、バズズの影へ斬りかかった。3体の悪魔の中では一番小柄で倒しやすそうに見えたからだ。 暗転した空は薄暮の明るさをとどめている。薄闇の中、悪霊の神々の影だけがくっきりと濃かった。 ロランの打ち振…

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・179

【無限の花園にて】 見渡す限り、花畑だった。 空は明るい白。 どこかで小鳥がさえずっている。 ランドはぼんやりと卓にかけていた。真っ白な円卓で、金で流れる水と花が縁取ってある。(ここは……) ランドはゆっくりと首を巡らせてあたりを見回した。花畑と…

自作ドラゴンクエストⅡ~悪霊の神々・178

夜明けになってから、ロランはルナと山を下りた。空は寒々と曇っている。 山といっても、乾いた土と岩、そして凍った雪ばかりの山塊だ。疲労が極まっているルナは、何度も下り道で足を取られていたが、ロランにはほとんど気遣う余裕がなかった。 左手にはロ…